主な特徴

出発前の持病や既往症についても治療・救援費用を補償

(保険期間31日までの契約に限定)

旅行出発前からかかっている持病や既往症の急激な悪化により医師の応急治療を受けた場合や、3日以上入院し日本から家族が現地に赴く場合の費用を、300万円限度で補償します。ただし、保険期間が31日までの契約に限りますのでご注意ください。保険期間の延長などを行った結果、通算保険期間が31日超となる契約は補償の対象外となります。また、保険始期以前からの継続的治療は対象外です。(例:人工透析、インスリン注射)

治療・救援費用の保険金額無制限プラン『インフィニティプラン』

もう、自己負担の心配はありません
アメリカ旅行中に交通事故による脳内出血で入院
2カ月の入院費(手術治療費を含む)

30,600,000円

家族3人が日本から駆けつけ、手術に立会い

家族の往復航空券(3人分)

1,305,000円

その後2カ月のICUでの入院加療後、医師同伴で帰国
日本への搬送費

1,803,000円

合計 33,708,000円

これらの治療・救援にかかった実費を全額補償しました。AIG損保のプレミアム海外旅行保険『インフィニティプラン』は充実の補償で安心。
無制限とは、治療・救援費用特約の保険金額(支払限度額)を無制限とすることであり、治療・救援費用を終身補償するものではありません。ケガの場合は、事故の日から、また病気の場合は治療開始の日からその日を含めて、180日間以内の治療費用をお支払いいたします。また、既往症、歯科疾病などはお支払いの対象となりません。ただし、保険期間31日までのご契約に限り、既往症については、疾病に関する応急治療・救援費用特約により、300万円を限度に持病や既往症の応急治療費が補償されます。

学校に支払った学業費用を補償

(保険期間31日超の留学生保険オプション)

留学中にご本人または扶養者の死亡・危篤などにより留学先の学校を退学した場合、すでに支払った学費のうち未経過就学期間分を補償します。

アパート・借家に滞在しても安心補償

個人賠償責任(長期用)

アパートや借家において失火や水漏れによる家主への損害賠償を補償します。
(一般の個人賠償責任ではアパートや借家に対する賠償責任は補償対象外となります。)

生活用動産(長期用) 

携行品特約では補償されないアパートや借家などの居住施設内での盗難や火災焼失も、1組または1対10万円を限度に補償します。

歯科治療費用を補償

留学中の虫歯治療から歯周病治療、抜歯まで補償します。保険金額は10万円1種類のみです。出発後91日目以降に治療を開始した場合に、補償の対象となります。治療で負担した金額の50%(10万円限度)を、保険金としてお支払いします。

アメリカにおいて自動車保険の超過損害賠償を補償

(米国留学生保険・米国駐在員保険)

米国留学生保険・米国駐在員保険に付帯される個人包括賠償責任保険(パーソナルアンブレラ保険)では、アメリカでの現地自動車保険の超過損害賠償を補償します。(現地では、免責金額までの自動車保険にご加入いただく必要があります。)また、AIG Travel Assistがアメリカ(グァム・サイパン除く)での自動車保険への加入を日本語でお手伝いします。

海外旅行保険のパイオニア。短期から長期まで豊富なプランがあります

2018年1月1日、AIU損害保険株式会社と富士火災海上保険株式会社が経営統合により、AIG損害保険株式会社として生まれ変わりました。日本市場において、AIUが71年にわたり外資系損害保険会社として培ってきた専門性や経験・ノウハウと、富士火災の99年にわたる豊富な経験、全国ネットワークや経営資源・人材等を融合し、一層お客さまのニーズに応え、ご満足いただける商品やサービスをご提供することを目指します。
24時間年中無休の『アシスタンスセンター』では、事故受付のほかに医療情報の提供や入退院の手続きの代行などをすべて日本語でサポート。国際電話オペレーターを通さずに直接コレクトコールで連絡できます。
滞在先医療機関を現金不要で利用できる『キャッシュレス・メディカルサービス』は、世界55万ヶ所以上の医療機関で利用できます。大手ならではのメリットが沢山あるので、初めての留学の方から旅慣れた方にまで人気があります。
「迷ったらAIG損保」をおすすめします。

治療費の上限がない海外旅行保険『インフィニティプラン』は、海外旅行の強い味方。
治療・救援費用の保険金額を無制限に補償してくれ、入院時に家族が駆けつける際の渡航費用が三名分まで補償されます。
また、保険期間31日までの契約に限定されますが、持病や既往症についての費用を補償してくれるプランもあるので、持病があって旅行が心配な方も安心できます。

※無制限とは治療・救援費用の補償特約の保険金額(支払限度額)無制限にすることであり、治療・救援費用を終身補償するものではありません。

サポート体制

世界中のどこにいても365日24時間日本語でサポートします

アシスタンスセンターでは、24時間365日、日本語対応で、ご契約者の皆さまからの相談に応じてサービスをご案内しています。

医療に関するサポートサービスの内容

1.電話による医療通訳サービス

ケガや病気で医師の治療を受けられたとき、電話による医療通訳サービスを行ないます。

2.医師・病院の紹介、手配

最寄の医療施設または、より設備の整った専門病院の紹介・手配をいたします。

3.キャッシュレス・メディカルサービス

病院においてその場で治療費を自己負担することなく治療を受けられるよう交渉・手配いたします。

4.ご家族への状況報告

被保険者が入院しているような場合、回復状況やどのような治療を受けているかをご家族へ連絡いたします。

その他のサポートサービスの内容

1.弁護士の紹介・手配サービス

賠償事故を起こし、加害者として法律上の賠償責任を負った時や、被害者として法律上の損害賠償請求をされた時など、現地の弁護士を紹介・手配いたします。

2.パスポート、クレジットカード再発行援助サービス

パスポートやクレジットカードの盗難や紛失の際の手続きについての案内をいたします。

アシスタンスセンターではAIG損保の社員にご相談いただけます!

現地滞在中は...

世界46の国・地域からは現地国際電話オペレーターを通さずに直接日本にコレクトコール(フリーダイヤル)でご連絡いただけます。ご加入時にお渡しする小冊子(ジャケット)に電話番号を掲載していますので、出発前にご確認ください。

帰国後は...

日本にお帰りになってからのご相談・事故受付も365日24時間体制でお受けしていますので、ご安心ください。

お問い合わせ
書類の送付先は...

〒252-1191 綾瀬郵便局 私書箱1号
AIG損害保険株式会社 海外旅行保険サービスセンター

インターネットで世界中どこからでも24時間事故受付

AIG損保では、インターネットによる事故受付をしています。もちろん、24時間体制で専門の損害サービス担当社員がお受けしますので、もしもの時も安心です。また、ご加入時にお渡しする保険小冊子に記載された電話番号にコレクトコールでおかけいただくことも可能です。

提携病院

治療費の支払はAIG損保にお任せください。

旅先のケガや病気はなにかと心細いもの。AIG損保にご加入の方は、財布の中身を心配することなく安心して治療をお受けいただける「現金不要のキャッシュレス治療サービス」を世界中の医療機関でご利用いただけます。 AIG損保は、さまざまな国や地域の海外ネットワークを通じて、治療費を直接現地の医療機関へお支払いする体制を整備・充実させています。受診前にAIG損保アシスタンスセンターにご連絡いただければ、スムーズに病院との連携を行います

AIG損保特別提携病院で更に安心。

AIG損保では、受診前にご連絡をいただければ世界中どこの診療機関でもキャッシュレス治療サービスをご利用いただけます。更に、ご加入者の利便性を高めるために「AIG損保特別提携病院」を設置しています。アメリカ・カナダ地域の12病院、アジア・オセアニア地域の84病院、ヨーロッパ地域の26病院の「AIG損保特別提携病院」ではAIG損保ご加入者受付カウンターを設け、24時間体制(一部を除く)で皆様の安心をサポートしています。

AIG損保 キャッシュレス提携病院のリストはこちらから

パンフレット

観光、レジャーでお出かけの方

セットプラン
セットプラン
ファミリープラン
ファミリープラン
インフィニティプラン
インフィニティプラン

留学、ワーキングホリデー、出張・駐在でお出かけの方

留学プラン
留学プラン
ワーキングホリデープラン
ワーキング
ホリデープラン
ビジネスプラン
ビジネスプラン