東京海上の留学保険の特徴について

留学生の相談窓口であるサポートデスクは現地ではなく東京にあり、日本人のオペレーターが対応します。
痛みを表す時、日本人は「シクシク痛む」「ズキズキ痛む」など表現します。お医者さんもこのように尋ねます。
日本人同士なら、こんな細かいニュアンスも正確に伝わるでしょう。
サポートデスクは年中無休24時間対応。提携会社もしっかりあるので、現地の弁護士を紹介してほしい、領事館に案内してほしいなどの場合は、現地に詳しい担当者と連携して問題を解決できます。

留学保険の基本プランは、安心を優先したい人のための『補償充実プラン』と、最小限の補償に治療・救援費用や賠償責任を手厚く補償する『保険料節約プラン』から選択できます。渡航先や滞在期間によって設計しましょう。
マンションやアパートを借りて長期滞在する留学生のために、留学生専用の賠償責任の補償や、留学生専用の生活動産の補償が受けられる専用プランの用意もあります。
住居での火災や水浸しにしてしまった時の賠償額は膨大に膨れ上がる可能性があります。また、自分の家財が破損したり盗難に遭った場合も同様です。このような不測の事態に備え、安心して留学生活を送ることができるように留学者専用のプランが用意されています。

この比較表示には保険商品内容の全てが記載されているわけではありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。また、必ず「契約概要」やパンフレット等で保険商品全般についてご確認ください。

ご相談・お問い合せはお気軽に