東京海上の駐在保険の特長について

東京海上日動の海外旅行保険には、特に駐在向けと銘打っているプランや特約はないのですが、最長契約期間が2年間と長めなので、長期滞在の方によく選ばれています。
多くの保険会社は、海外旅行保険の最長契約期間を1年としており、それを超える場合は更新となります。
駐在員の場合、一年未満で帰国する方は少ないでしょうから、更新頻度が低いのはメリットではないでしょうか。

東京海上日動の海外旅行保険は、他社と比べるとリーズナブル。
割安なプランが選べるので、コストを抑えたい方におすすめです。
治療・救援費用を上限なしにしたり、借家用賠償プランもあるので、補償を手厚くすることもできます。

信頼性のある老舗ブランドの保険は、高サービス高料金の傾向が強いですが、東京海上日動は老舗でありながら割安なので、コスパがとても良いです。

多少難点があるとすれば、キャッシュレス治療サービスが受けられる提携病院の数が少ないことです。
これは、外資系の保険会社の方が圧倒的に有利なところかもしれません。

この比較表示には保険商品内容の全てが記載されているわけではありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。また、必ず「契約概要」やパンフレット等で保険商品全般についてご確認ください。

ご相談・お問い合せはお気軽に