ゼネラリのワーキングホリデー保険の特長について

ワーホリ専用の保険は、もともと値段は低めに設定されています。中でも、ゼネラリのワーキングホリデー保険は、非常に安いです。
保険料を最小限に抑えたい方におすすめです。

例えば、基本的な補償(治療補償、賠償補償、障害死亡など)に加え、医療通訳や緊急時に家族が駆けつけられる渡航費補償をつける条件で、12ヶ月の場合、AIG損保、東京海上日動、チャブ、損保ジャパンと比べます。他社と比べダントツで安いのがゼネラリです。
もちろん高額の保険はそのぶん補償額が大きいのですが、死亡補償に何千万円もいらない、という方だって多いはずです。

高額の保険の例を挙げると、死亡補償3,000万円、治療費無制限、疾病死亡3,000万円。
厚い補償がオーバースペックだと思うのなら、ゼネラリを検討する価値はあります。

保険料が低いからといっても、治療救援費用や賠償責任、携帯品等、基本的な補償内容は充実しているので安心です。
ただし、家主に対する賠償と生活用動産の補償はつけることができないので、寮生活やホームステイ予定しているならおススメですが、アパートや借家を借りて滞在する場合には不向きかもしれません。

この比較表示には保険商品内容の全てが記載されているわけではありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。また、必ず「契約概要」やパンフレット等で保険商品全般についてご確認ください。

ご相談・お問い合せはお気軽に